My Eyes Tokyo

代表あいさつ

私たちは“あなたが自分でも気づかなかった魅力”を深い対話で引き出します。

これまで私たちはウェブサイト『My Eyes Tokyo』で、日本で活躍する外国人や世界で活躍する日本人にインタビューしてきました。彼らから見た日本を世界中に示すことで「日本に旅行に行きたい」「日本に住みたい」と思う人を増やしたい、“内向き”との印象を持たれがちな日本人像を覆し「こんな人もいるんだよ!」と広く知らしめたい一心で、世界五大陸から来た数百人の声を届けてきました。

その活動は“新たな東京・日本・日本人のブランディング”だったことに、私たちは気づいたのです。

自分の街、自分の国、自分たち自身に対し長い間自信が持てなかった日本人。でも海外から来た外国人や、世界で戦ってきた日本人は、日本や日本人のありのままの姿を称賛しました。もちろん、厳しい言葉を私たちに向ける人々もいます。それでも彼らは、母国に帰らずに日本にいるのです。深く日本を愛する彼らは、口をそろえて「あなたはそのままで十分に魅力的なんだよ」と、私たちに言ってくれたのです。

私たちの多くは、なかなか自分自身や自分の住む街、勤務する会社、そこで作る製品やサービスに自信が持てないもの。ただそれは、もしかしたら“自分が持っているもの”ではなく“自分たちが持っていないもの”ばかりに目を向けているからではないでしょうか。あたかも多くの日本人が、諸外国と比べては自分たちへの自信を失うように。

そしてそれは誰よりも、私自身のことでした。

私が2006年に『My Eyes Tokyo』を立ち上げて以来行ってきたことは、大変独自の活動であると自負しています。しかしほとんど収益を生み出してこなかったため、「単なる趣味だ」と揶揄する人々さえいました。若くして時代の寵児となる起業家と、中年の域に差し掛かってもなお成功からほど遠い、歩みの遅い自分とをいつも比べ、自信を失っていました。

そんな私が最も欲しかったのが、この“深い対話を通じたブランディング”です。自分の中にある“素晴らしい宝”を、他者との徹底した深い深い対話を通じて掘り起こし、それをストーリーにして“見える化”することで、自信を取り戻す – そんなサービスこそ、私が喉から手が出るほど欲したものでした。そして人だけでなく、街や企業、製品やサービスの本当の魅力をも、この“深い対話を通じたブランディング”で掘り起こすことに挑戦したいと考えました。

自信や誇りを身につけた街や人、企業、製品やサービスは、自分たちが本当に歩みたい、本当に作り出したい未来に向けて堂々と歩んでいくことでしょう。他者と比べることも無くなり、お互いを認め合う寛容な世界が生まれる – これが、私たちMy Eyes Tokyoが描く理想の未来です。

My Eyes Tokyoは深い対話を通じて
街や人、企業、モノが持つありのままの魅力を二人三脚で見つけ
ベストなブランディングを行ってまいります。

My Eyes Tokyo合同会社
代表 徳橋功

会社概要

会社名My Eyes Tokyo(マイ アイズ トウキョウ)合同会社
代表者徳橋功
所在地104-0033
東京都中央区新川2-11-1 八丁堀東豊エステート808
電話番号080-1153-2774
受付時間月~金 10時~18時
土日祝は原則休み
設立令和2年10月30日
沿革2006年10月 インタビューウェブサイト
『My Eyes Tokyo』立ち上げ
2009年3月 書籍『My Eyes Tokyo』出版
2010年4月~2012年3月 中央FMにてラジオ番組
『My Eyes Tokyo』制作・放送
2015年8月 国際交流基金主催イベント取材開始
2017年7月 外務省後援による公開インタビュー
イベント開催
2017年7月 JTBサンライズツアー 記事広告制作
(~2017年10月)
2019年 当サイト掲載インタビュー記事の一部が
中学1年道徳教科書『明日への扉』(学研教育みらい 刊)
に掲載
2020年10月 My Eyes Tokyo合同会社 設立
事業内容インタビューおよび記事作成を通じたブランディング支援
社員数2名
資本金1,000,000円
主要取引銀行住信SBIネット銀行 法人第一支店